気絶しかけた出産

3年前に娘を出産しました。私はもともと痩せ形ということもあり、出産までに12キロ増やしましょうと助産師さんから言われていました。

しかし、ひどい悪阻から解放された妊娠後期に食べ過ぎてしまい、結局出産直前には17キロ超になっていました。予定日の2週間前の夜中、寝ようとすると「パンッ」という音とともに破水し、それから出産となりました。すぐに病院に直行し、向かっている最中に陣痛も始まりました。陣痛で苦しんでいる時、あまりの痛さに耐えきれず助産師さんに「後どれくらいこれが続きますか」と聞きました。すると「たぶん6時間くらいかな」と言われ、気絶しそうになったことを鮮明に覚えています。出産は、主人の希望で立会出産にしました。分娩室に入って一時間後、元気な産声が聞こえました。その瞬間、あの壮絶な痛みから解放された安堵感と、無事に赤ちゃんが生まれてきてくれた喜びで、自然と号泣しました。あの時の喜びを超えるものは、もうないと思います。それくらい本当に嬉しく、感動した瞬間でした。
http://xn--o9j5fbc4i6cl0flu6b54ac.xyz/