子供の大声に困ったら、試す価値あり。

子育てをしていると、子供って小さな体からこんな大声、どこから出してるんだろうと、本当に不思議になるほど声量に耳を痛めることがありますよね。

我が家の6歳の息子も、外出先でもところ構わず大声で話したり、嫌なことがあると叫んだりすることがあり、ハラハラすることが日常茶飯事なのですが、最近、良いものを見つけました。声の大きさを5段階に分けて、声量スケールと一緒に動物の絵で表している表です。例えば、レベル1の小さい声はネズミ、レベル5の大きい声はゾウのような感じです。実際の鳴き声の大きさではなく、動物の体の大きさから、子供が分りやすいようにしているのかなあと思いますが、息子はこれに大変興味を示し、声量の調節をゲーム感覚でできるようになってきました。

ただ「うるさいよ!!!」とイライラして言うよりも、こんな風に具体的に伝えると、具体的に反応が返ってくるものなのですね。
この「声の大きさどの動物?ゲーム」をするようになり、楽しく声を小さくできるようになってきました!
困っている方は、一度試してみるといいと思います☆
着物買取を福岡で頼むには