体重をある程度減少していくと必ず限界がある

体重を減少させるには限界があるので、正しい対応をしないとダイエットに失敗してしまいます。ダイエットをする人の多くは、目標体重を設定し、目標とする期日を明確にした上で、体重を減少させようとします。ダイエットの目標に向かって努力することは、もちろん正しいダイエットになります。

けれども、目標とする体重が遠すぎると、頑張り続けることが苦痛になったり、ダイエットに挫折する理由になってしまいます。達成しにくい目標にしていると、ダイエットを続けるモチベーションを失いやすくなったり、ストレスが増大する可能性があります。目標を達成できそうにないストレスでダイエットをやめてしまったということにならないように、適切な目標をつくりましょう。体重がある程度まで減少してくると、何日間か体重が減らない時が訪れて、停滞するということがあります。体重の減少が滞り始めると、ダイエットを続けたいという気持ちが低下してしまうため、停滞期中の心の持ち方は大事です。ダイエット時には脂肪を減らすことが主になりますが、最低限の体重以上は減らすことはできません。体脂肪を減らすことはダイエットでは好ましいことですが、骨、皮膚、内臓、水分は体重減少の対象にはなりません。ダイエットの取り組む時には、減少可能な体脂肪はどのくらいか、健康的に痩せるには何㎏までが許容範囲かなどを知っておく必要があります。自分自身の体の状態を理解して、どこまで体重を減少させる必要があるのかを踏まえた上で目標を設定することで、ダイエットもスムーズに進められます。
Sirojam(シロジャム) 効果