大規模な引越し業者も県外への引越しは燃料代が多額なので

世問には、クルマをまるで美術品か工芸品のようにみなす人もいますが、私はあくまでも実用性を重視して判断します。そこでチェックしたいのが運転しやすさ、とくに安全性に関係するフロントのデザインです。これは実際に運転席に座って確認してくださ。コンパクトカーまでのサイズであれば、スラントノーズ、つまりフロントが急に下がっていても、ボンネットの先端が見えなくても、ボンネット自体が短いため運転にさほど支障はありません。
 しかし、ミドルクラス以上になると、見切りの悪いフロントではボディの左右の先端をこすりがちです。塀に軽くこすっただけでも修理費は安くても2、3万円は飛んでしまいます。昔から、各メーカーに、クルマのフロントのヘッドライト上部を少しだけ盛り上げてデザインすることを提案してきました。運転席に座ったとき、サカイ引越センター先端部の目安になるからです。
 ポルシェ911はヘッドライト部分が大きく盛り上がった独特の姿をしていますが、このおかげで、GTスポーツにもかかわらず、非常に見切りのいいクルマに仕上がっています。